Video Release Broadcasting Service

いいねをクリックして最新情報を受け取ろう!

醤油の生まれた町、和歌山 湯浅町の歴史的な町並みと醤油づくりを美しい映像で紹介します。

ENGLISH SPEAKING COUNTRIES

熊野古道が町の中心地を通る和歌山県湯浅町。その歴史的な町に、日本のガストロノミーの秘密のひとつが潜んでいます。それは、13世紀、この町で、現在の醤油と呼ばれる調味料が初めて確立し製造されたからです。


ここは、醤油の生まれた町、湯浅。


1254年、一人の僧侶が中国より帰国し、和歌山県に定住しました。彼は、中国で出会った、夏野菜を保存するための金山寺味噌を、湧き水が豊かな湯浅町で作り始めました。その味噌の桶に溜まっていた液が、現在の醤油となりました。


日本の紀州和歌山で誕生した、世界でも有数の優れた商品であ る醤油。


その原点を伝え守ってきた職人による醤油づくりのある町、それが湯浅です。


http://www.town.yuasa.wakayama.jp





RELATED VIDEO RELEASE

関連して閲覧されているビデオリリース