ビデオリリース配信サービス

いいねをクリックして最新情報を受け取ろう!

トンネルの安全安心を支える パナソニックの技術とは?

TECHNOLOGY

パナソニック環境エンジニアリング株式会社は、阪神高速道路大和川線の換気ソリューションを公開。

同社は、道路向けトンネル環境浄化システムの製造・販売が50周年を迎え、今回、阪神高速道路大和川線のトンネルの建設にあたり「ジェットファン」を78台、「電気集塵機」を64台導入した。

「ジェットファン」は、トンネル内を換気し、視界を確保する役割がある。規定の風量性能と強度をクリアしつつ、従来品より吸音材を高密度にして消音筒を短尺化させ、軽量化を実現した。 「電気集塵機」は、ジェットファンで送られるトンネル内の空気を受け取り、SPM(浮遊粒子状物質)や砂塵などの粉塵を除去する機械で、これにより、トンネル外へ粉塵が流出するのを防いでいる。


https://www2.panasonic.biz/ls/air/fan/douro/

RELATED VIDEO RELEASE

関連して閲覧されているビデオリリース