ビデオリリース配信サービス

いいねをクリックして最新情報を受け取ろう!

大阪から世界の医薬品メーカーへ! 沢井製薬がジェネリックを作り始めた理由

BUSINESS

沢井製薬は、大阪市旭区で澤井範平・乃よ夫婦が「澤井薬局」を始めた1929年に創業した。当時は医師や病院の数も少なく、澤井薬局は急病人のために夜中でも店を開けたことなどで繁盛した。

そして1948年に澤井製薬株式会社として、一般のお薬の開発や製造を始めた。


沢井製薬がジェネリックなどの医療用医薬品を作り始めたのは、1965年。昔は医療保険制度が不十分で、高い医療費を払えずに一般家庭薬に頼る人が多かった。しかし国民皆保険制度が始まったことをきっかけに、医療機関を利用する人が増えるのではないか。そうすると、医療用医薬品のジェネリックがもっと必要になるのではないかと考えるようになった。

ジェネリックというと新しい薬という印象があるかもしれないが、沢井製薬は、こんな古い時代から医薬品に携わっていた。


沢井製薬はジェネリック医薬品のリーディングカンパニーとして「なによりも患者さんのために」を企業理念に掲げてきた。高品質かつ安価で製剤工夫のされたジェネリック医薬品は、超高齢社会を迎える日本国内でも世界でも、ニーズが高まってきている。

今後は日本だけでなく、世界の健康のために力を注いでいきたい。


https://www.sawai.co.jp/chronicle/

RELATED VIDEO RELEASE

関連して閲覧されているビデオリリース