ビデオリリース配信サービス

いいねをクリックして最新情報を受け取ろう!

ウィルス飛沫の拡散を抑える デロンギ「ゼロ風暖房」の研究結果とは!?

LIFESTYLE

デロンギは、新潟県立大学と、暖房機器による室内の気流と飛沫拡散との関連について共同研究を行った。

その結果、温風の出ない輻射熱を使ったヒーター「ゼロ風暖房」によりハウスダストの浮遊やウィルス飛沫の拡散を抑えられることを確認した。

暖房使用時に、室内の飛沫粒子5万個が咳によって拡散された場合の一般的なエアコンとデロンギの輻射熱式ヒーターについて解析。※1

一般的なエアコンでは、咳直後に室内全体で飛沫粒子が拡散するのに対し、デロンギの輻射熱式ヒーターは室内気流を低く抑える暖房であるため、室内でのウィルス飛沫の拡散を抑えられることが分かった。※2


※1. 8畳洋室(リビング・ダイニングルーム想定)

※2. 換気回数0.5回/hの換気時


※今回の結果は実空間における実験による結果ではなく、最新の熱流体解析(CFD)ソフトウェア scFLOW V2020 (株式会社ソフトウェアクレイドル)を用いた、対流、放射、熱伝導、粒子追跡の解析結果です。

※解析の結果、飛沫粒子は壁や床面等に付着するため、飛沫粒子に含まれるウイルスは室内にとどまっている状態が観察されます。そのため、デロンギ ヒーターを使うことで感染を予防できるわけではありません。

※デロンギ ヒーターの場合、室内気流が低く抑えられるため、咳飛沫粒子が付着する箇所に分布を生じる傾向があります。この対策としては、こまめに床を清掃し、テーブルやドアの取っ手などの人が触る部分を水拭きやアルコール消毒を行うことをおすすめします。

※粒子の付着については、国内外の研究者によって若干の研究事例はありますが、実測が極めて難しい対象であるため未知の領域も多く、今回の計算結果は粒子が壁面等に接触するとそのまま付着し、再飛散しない解析にしています。また壁面材料の種類によって付着傾向は変化する可能性がありますが、今回はその点は考慮しておりません。


https://oilheater.delonghi.co.jp/

RELATED VIDEO RELEASE

関連して閲覧されているビデオリリース