ビデオリリース配信サービス

いいねをクリックして最新情報を受け取ろう!

震災から7年 福島に新たなお土産品誕生 福の小みやげプロジェクト

LIFESTYLE

昨年6月に発足した「ふくしまみらいチャレンジプロジェクト」で支援を行っている福島県相双地方12市町村の10の事業者による、福島の新しいおみやげ品の開発プロジェクト、「福の小みやげプロジェクト」がスタートした。


「福の小みやげプロジェクト」とは、2011年の震災で大きな被害を受け、避難を余儀なくされた相双地方12市町村の事業者が、震災から7年を迎えるにあたり、合計10の事業者が集まり、お互いに協力することで新しい福島県の象徴として“福島の新たなおみやげ品”を作り上げるプロジェクトである。


おみやげの特長としては、福島に訪問した観光客がまた欲しいと思えるもの、福島に来たら必ず買いたくなるようなもの、おみやげを渡す側も商品とその背景も伝えたくなるようなもの、またあげたい・渡して良かったと思えるおみやげになるように商品開発が行われ、少しでも多くの方達の“手”から“手”へと渡るべく、商品は1回で消費できるような「小みやげ」サイズで作られている。


http://fukunokomiyage.jp/






RELATED VIDEO RELEASE

関連して閲覧されているビデオリリース