ビデオリリース配信サービス

いいねをクリックして最新情報を受け取ろう!

赤ちゃんが5歳までに一度は経験するといわれる「ロタウイルス胃腸炎」とは?!

LIFESTYLE

ロタウイルス胃腸炎は、世界中のほぼ全員が5歳までに1度は経験する※といわれており、重症化しやすい乳幼児の胃腸炎として知られている。激しい下痢やおう吐によって脱水を起こしやすく、胃腸炎に伴うけいれんや、脳炎などの重い合併症を起こす事もある。

ロタウイルス胃腸炎から赤ちゃんを守るために、WHOでは世界中の赤ちゃんにワクチン接種を推奨している。

ロタウイルスワクチンが接種できる期間は0歳の限られた期間となるため、早めに医師に相談をし、生後2か月からの予防を心掛けたい。


※NIID 国立感染症研究所データより


http://lovesbaby.jp

RELATED VIDEO RELEASE

関連して閲覧されているビデオリリース