ビデオリリース配信サービス

いいねをクリックして最新情報を受け取ろう!

地域での認知症対策とは?一生住み続けたい最幸のまち・川崎市をめざして

LIFESTYLE

2025年、日本では65歳以上の5人に1人が認知症になると見込まれている。(「平成29年度版高齢社会白書(概要版)」(内閣府作成))

川崎市では、認知症の人も含めて、誰もが住み慣れた地域や自らが望む場で安心して暮らし続けることができる地域の実現を目指して、お互いが支え合う川崎らしい地域づくり「地域包括ケアシステム」の構築を進めており、地域で様々な取組が行われている。

全国的に反響を呼んでいる認知症カフェの先駆け団体「土橋カフェ」と若年性認知症の方も含め、就労支援を行う障害者福祉サービス事業所「マイWay」の取組を紹介。

インタビューは長年、認知症ケアに携わるアドバイザーで、東京2020オリンピックの聖火ランナーでもある「五島シズ」さん。


https://www.kawasaki-chikea.jp/

RELATED VIDEO RELEASE

関連して閲覧されているビデオリリース