ビデオリリース配信サービス

いいねをクリックして最新情報を受け取ろう!

唾液に付着した新型コロナウイルス(変異株を含む)が99.4%以上減少! 世界初!シャープの実証とは?

TECHNOLOGY

シャープ株式会社は、島根大学医学部微生物学講座 吉山裕規教授(日本ウイルス学会理事)、明海大学保健医療学部 渡部茂教授、京都工芸繊維大学機械工学系 山川勝史教授の監修の下、ウイルス対策として推奨されている湿度※②60%の条件下で、付着した唾液に含まれる変異株を含む※③新型コロナウイルスにプラズマクラスターイオンを2時間照射することにより、感染価が99.4%以上減少することを世界で初めて※①実証した。


一般的に、新型コロナウイルスの感染経路は、空気中の浮遊ウイルスによる飛沫感染と付着ウイルスによる接触感染に大別されると考えられている。そこでシャープは、2020年9月にプラズマクラスター技術で空気中に浮遊する新型コロナウイルスの減少効果を実証し、今回新たに付着新型コロナウイルスへの効果を検証した。


シャープは、これからもプラズマクラスター技術による様々な検証を進め、社会に貢献していく。


※① イオン放出式の空気浄化技術において。(2021年7月15日現在、シャープ調べ)

※② 相対湿度。

※③ Severe acute respiratory syndrome coronavirus 2、略称: SARS-CoV-2。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の原因となる、SARS関連コロナウイルス(SARS-CoV)に属するコロナウイルスのこと。変異株はα型。


https://jp.sharp/plasmacluster-tech/

RELATED VIDEO RELEASE

関連して閲覧されているビデオリリース