ビデオリリース配信サービス

いいねをクリックして最新情報を受け取ろう!

洗剤の入れすぎによるデメリットを解消!新しくなったハイセンスの洗濯機

LIFESTYLE

適切な洗剤量を守らないことで起こるデメリットをご存じだろうか。アンケートの結果73%の人が、洗剤の入れすぎによるデメリットを知らないと回答した。(※1)


適切な洗剤量を守ることは大切だ。一般的に、洗剤が少なすぎると衣類の汚れ落ちが悪くなってしまう。しかし洗剤の量が多すぎると衣類のダメージや洗濯槽のカビ(汚れ)の原因になってしまうことも。さらに、必要以上に洗剤を多く入れていると、減りが早くなって経済的な面でもマイナスになる。


また、一般的に洗濯槽は1~2か月に一度程度、定期的に洗浄したほうがいいとされている。洗濯槽の見えない部分はカビや汚れが発生しやすく、すすぎのときに流しきれない洗剤が原因になることもある。汚れ落ちをよくしようと洗剤を多くしてしまうと、すすぎのときに洗濯槽に洗剤が残りやすくなってしまい、カビや汚れのエサを多く与えてしまうことになる。洗濯槽の定期的な洗浄が大切だ。


ハイセンスの洗濯機は毎回、洗剤と柔軟剤を計量する自動投入機能を搭載しているので手間がかからず、洗剤の無駄も省くことができる。また、独自形状のパルセーターにより、縦、横に激しい水流を生み出すことで頑固な汚れもしっかり洗浄可能。洗濯するたびに洗濯槽を自動で洗浄する機能も搭載。槽の見えない所も洗い流し、汚れの付着を抑えてくれる。



ハイセンスは今後も生活家電のラインナップを強化していく。



(※1)株式会社NewsTV調べ


https://www.hisense.co.jp/washer/hw-dg10a/

RELATED VIDEO RELEASE

関連して閲覧されているビデオリリース