ビデオリリース配信サービス

いいねをクリックして最新情報を受け取ろう!

サステイナブルな商品開発に挑戦するオリオン機械から ドレンマスターNEO発売!

TECHNOLOGY

長野県須坂市で1946年に創業したオリオン機械株式会社は、冷凍技術や真空技術を活かして多くの産業機械を開発・製造している。

近年では、同社が得意とする省エネ技術をさらに進化させ、ワンランク上の製品開発を進めてきた。

現在、同社はカーボンニュートラル実現に向けて、さらなる省エネ製品の開発と製品に使用するフロンガス(冷媒)の低GWP(地球温暖化係数)化など、環境負荷をさらに低減する取り組みを進めている。


その一環として、環境に配慮したドレン処理装置を発売した。

給油式スクリューエアーコンプレッサを基盤とする圧縮空気システムの場合、冷凍式エアードライヤー等から排出されるドレンには、法律で定める排水基準を超える油分が含まれている恐れがある。

このドレンをそのまま河川などに放流することは、環境破壊にもつながる上、法律にも抵触する。


そのドレンの油分を排水基準(※1・※2)以下まで除去するのが、ドレン処理装置「ドレンマスターNEO」だ。

ドレンマスターNEOは電源も不要(※3)で、設置環境に応じた様々なラインナップが用意されている。

また、吸着材はオリオン機械にて廃棄処分するため、顧客が処分する心配は必要ない。


今後もオリオン機械は、SDGs達成に向け革新的な技術・製品開発に挑んでいく。


https://i.orionkikai.co.jp/2023/product/kuatsu/drain/neo/


※1 標準で処理水油分濃度3mg/L以下を実現    (都道府県が定める上乗せ排水基準にも対応可能)

※2 水質汚濁防止法による(ノルマルヘキサン抽出物質)

※3 寒冷地仕様を除く


※このコンテンツは企業等から依頼を受けて制作しています。

RELATED VIDEO RELEASE

関連して閲覧されているビデオリリース

※過去に広告主様からご依頼いただき、NewsTVで配信した動画広告を掲載しています。