ビデオリリース配信サービス

いいねをクリックして最新情報を受け取ろう!

セキュリティ資格の新スタンダード 認定脆弱性診断士 『SecuriST』とは!?

BUSINESS

脆弱性診断にはシステムの安全性を調査できる能力が必要。日本でも多くの脆弱性診断士の方が、企業の情報システムやWebサービスの脆弱性(セキュリティ上の欠陥)の有無をテストし、システムのセキュリティ向上に貢献している。しかし、システムの脆弱性をチェックする知識や技術は、専門職の方だけでなく、システムのオーナーや開発者、品質管理者にとっても非常に有益だ。その能力を持っていることを客観的に証明することは、実は容易ではなかった。


そこで生まれたのが脆弱性診断士の認定資格、グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)の『SecuriST』。

本認定は、JNSA ISOG-JのセキュリティオペレーションガイドラインWG(WG1)、および、OWASP Japan主催の共同ワーキンググループである 脆弱性診断士スキルマッププロジェクト (代表 上野 宣 氏)がスキルマップで定義している「Silver」レベル相当の知識、技術を身に着けていることを認定するもの。認定試験を受験し、合格することで「脆弱性診断士」として認定されるので、人事や発注に関する定性的な評価にもご活用いただける。『SecuriST』には「Webアプリケーション」と「ネットワーク」という2つの診断士資格があり、既にたくさんの方々が受講しており、資格取得を目指しているセキュリティ業界の多くの企業から歓迎・ご賛同の声を頂戴している。


https://www.gsx.co.jp/academy/WebAppNWSecurityTesting.html

RELATED VIDEO RELEASE

関連して閲覧されているビデオリリース